三重・元祖国際秘宝館再訪

元祖国際秘宝館
 三重県伊勢市近郊に、規模や歴史において日本一の秘宝館といっていい「元祖国際秘宝館」がある。2001年に訪れたときは、館内の広さと展示物の豊富さに驚いたものだ。
 この秘宝館が残念ながら2007年3月末で閉館ということになったので、最後にもう一度見たいと思い、営業最終日に再訪することにした。鉄道でゆっくりと三重まで行くような時間はないので、交通手段は往復とも飛行機。閉館情報を知ったのが約2週間前の3月半ばで、急いで手配した結果、福岡〜中部の全日空旅割チケットを購入することができた(価格は往復で31,550円)。



 朝9時、福岡から中部国際空港へ。このところ、国内旅行でも移動手段として飛行機がメインになりつつある。できれば目的地まではもっとゆっくりと行きたいものだが、時間がないから仕方がない。
 中部国際空港には初めて来た。ここからは、津や四日市など三重県各地へ高速船が出ている。伊勢行きは夏季のみの運航なので、ここは一番近い松阪まで移動することにした。約45分で松阪港に到着。
 松阪港からバスで松阪駅へ移動し、近鉄で伊勢市へ。駅前からバスで秘宝館前の「世古」バス停へ向かった。
 秘宝館を見た翌日は、レンタカーで三重県内のスポットをいくつか回ってきた。


元祖国際秘宝館
飯高洞窟美術館
ルーブル彫刻美術館、大観音寺