ワットメーケットノーイ (3)

 地獄エリアを先へ進む。相変わらず痛そうな責め苦のオンパレード。

ワットメーケットノーイ

 続いてこちら。これはワットパーラックローイでも同じ趣向の場面を見たことがある。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 男根真っ二つ!

 いやあ、こちらもお見事。しかしワットパーラックローイのほうは根元までスパッと2つに切れていたが、こちらは途中まで。少し力が足りなかったのか。

 さらに先へ進む。

ワットメーケットノーイ

 男根が巨大化した亡者、腹が巨大化した亡者、手が巨大化した亡者など。それぞれ生前の行いに理由があるんだろう(多分)。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 こちらは地獄風景の定番ともいえる釜茹で場面。

ワットメーケットノーイ

 順序良く釜の中に追い立てられる亡者たちと、やや定員オーバー気味の釜の中。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 これらの地獄風景の中に、なぜか銃殺場面があった。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 地獄に落ちる前の、生前最後の場面ということなんだろうか。しかし銃口というのは近寄ってみると何だか威圧感を感じる。

ワットメーケットノーイ

 バイクに乗る獄卒と、ローラーで潰される亡者たち。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 地獄エリアの端に、建設中の巨大ピーがあった。ピーの周りに足場が組んである状態というのも、なかなか見られない景色かもしれない。

ワットメーケットノーイ

 ピーの首はすでに取り付けられていたが、まだ固定されていないらしく、ときどきくるくると回っていた。これも、建設中しか見られない貴重な風景といえる。

ワットメーケットノーイ

 続いてピーの足元にあるこちらの小屋に入ってみた。

ワットメーケットノーイ

 内部は薄暗いので最初は何の場面かよくわからなかったが、近寄ってみたら出産風景だった。しかし、これは地獄とは関係ないと思うのだが、何でこんな場面を作ったんだろう。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 この小屋の壁に、先ほど見た内臓付き空中生首の(おそらく)予備品が掛けてあって、ちょっとドキッとした。

ワットメーケットノーイ

 こちらは動くアトラクションの「電動首切り装置」。単に刃が上に上がってから落ちるというだけだが、音響などはよくできていた。動くアトラクションについては、後のページで動画で紹介する予定。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 釜茹でと並んで地獄風景の定番といえるトゲトゲの木。これは浮気をした人が登らされる木だという。ということは、あのYマウスさんは(以下略)。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 これは何だかよくわからなかった場面。子供を土に埋めようとしているんだろうか。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 こちらは手首を切る電動アトラクション。これは痛そう。

ワットメーケットノーイワットメーケットノーイ

 このページも長くなったので、続きは次のページで。