マカオ、香港

マカオタワー
 今回の旅行は、この2ヶ月前のグアム旅行と同様、行き先よりも目的のほうが先に決まった旅行になった。グアム旅行の目的だったスカイダイビングと同様、テレビでタレントなどがマカオタワーのバンジージャンプをやっているのを見て、いつか自分もやってみたいと思っていた。3連休でマカオへ行くのはさすがに慌ただしいので、火曜日か木曜日が祝日になっている時を狙っていたところ、この年(2014年)の2月がそれに該当した。1日だけ休みを取り、いよいよ4日間のマカオ旅行を実行することにした。



 日本からマカオへは直行便はあるものの、香港経由で行くのが一般的だと思う。福岡から香港へは直行便はあるが、今回は中国東方航空の上海経由とした。値段はすべての諸経費を含んで55,315円で、この値段なら当然エコノミーと思っていたところ、行きだけビジネスクラスになっていることに購入してから気づいた。片道だけビジネスクラスという航空券があるのが不思議だが、しかしこの値段でビジネスに乗れるのはお得だと思う。かつてエコノミークラスのオーバーブッキングでビジネスクラスに振り替えられた経験が一度だけあるが、最初からビジネスクラスとわかっていて乗るのは今回が初めてになる。

 宿泊先については、かつて「カジノで儲かっているラスベガスは高級ホテルでも宿泊料金をお得に設定してある」という話を聞いたことがあって(水曜どうでしょうの「アメリカ合衆国横断」)、マカオもそうかもしれないと思って調べてみた。すると、このところよく利用している agoda で5ツ星の「ロイヤルホテル」が一泊14,505円と表示されていた。通常料金が63,233円になっているので、なんと驚異の77%オフ。ここまで差があると、もはや通常料金とはいったい何なのかという気にもなるが、この値段なら泊まってもいいと思えたので2泊分を予約しておいた。
 飛行機の時間の関係で、帰りは香港で一泊する必要がある。香港での宿泊先については、かつて2回利用したことのある重慶大廈でゲストハウスを探すことにした。また、帰りは上海で6時間ほど乗継ぎ時間があるので、空港の近くで面白そうなスポットを探しておいた。

 ガイドブックは持参する予定はなかったが、図書館で借りた 大人のマカオ香港極楽ガイド が面白かったので、持って行ったところ役に立った。人前で広げるには抵抗のあるページもあるが(笑)、読み物としても楽しめるのでお勧め。

 後は主目的のバンジージャンプだが、さすがに挑戦する人はそれほど多くはないようなので、事前に予約しておく必要はないらしい。万一、初日に満員ならその場で翌日を予約すればいいと思えたので、直接マカオタワーへ行くことにした。




日付都市名
2014.2.8(土) 福岡 〜 上海 〜 香港 〜 マカオ
2014.2.9(日) マカオ
2014.2.10(月) マカオ 〜 香港
2014.2.11(火) 香港 〜 上海 〜 福岡



旅行記

マカオ到着
マカオタワー(バンジージャンプ)
媽閣廟
グランド・リスボア
セナド広場、聖ポール天主堂跡
香港
上海