リスボン(グロリア線)

 カイス・ド・ソドレ駅からトラムに乗り、リスボンの中心部といえるロシオ広場方面へ。トラムを降りたのは、ロシオ広場の隣にあるフィゲイラ広場の前。中央に騎馬像が建っている。

フィゲイラ広場

 歩いてロシオ広場へ移動。中央の円柱に、ドン・ペドロ4世のブロンズ像が建っている。何というか、ヨーロッパの町ですねえ。

ロシオ広場ロシオ広場

 最近はヨーロッパを旅行する機会がなかったので、こうやってヨーロッパの町をしっかりと歩くのはスロベニアのリュブリャーナ以来になる。雰囲気を楽しみながら散策できた。
 広場周辺の路地は、こんな感じ。

ロシオ広場ロシオ広場

 こちらも雰囲気がいいので、歩いていると楽しい。広場の周辺を一通り歩いた後、次の目的地へ行くことにした。



 ロシオ広場の近くに、ケーブルカーの乗り場がある。リスボンのケーブルカーは「グロリア線」「ビッカ線」「ラヴラ線」の3線があり、ここにあるのはグロリア線の乗り場。地元民用の交通機関だが、観光客にも人気が高い。今回のポルトガル旅行では、グロリア線とビッカ線に乗ることができた。
 グロリア線はかなり急勾配の坂道を通るため、なんだか馬面というか、特徴的な外観をしている。しかし落書きがひどい。

グロリア線

 大勢の観光客とともに乗り込み、出発。距離はそれほど長くはないが、しかし急勾配なので歩いて上るときついと思う。このケーブルカーの利用価値は高い。
 下の写真は車窓風景で、壁も落書きがひどく、ちょっと心が痛む。こういう軽犯罪こそ徹底して取り締まるべきなのだから、何とか対応してほしいものだ。

グロリア線グロリア線

 5分ほどで頂上の終点に到着した。下の写真は降りる前に撮った車内の様子で、いい感じにレトロな雰囲気。

グロリア線

 坂道の頂上に停車中のケーブルカー。かなりの急勾配を上ってきたことが分かると思う。

グロリア線

 乗車時間は短かったが、かなり楽しかった。観光客用のアトラクションとしてもお勧めなので、リスボンに滞在する機会があれば乗ってみてほしい。



 グロリア線の終点近くに、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台という公園がある。リスボン市街が一望できるということなので、行ってみた。

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台

 展望台からの眺め。ここは西側を向いているので、夕陽を浴びた町並みがきれいに光っている。それにしても、ヨーロッパの町並みというのは、統一感が本当にすごい。よくここまで家の外観を揃えられるものだと感動する。このあたりはヨーロッパ特有というか、アジアなどでは見られない景色という気がする。

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台
サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台

 公園のベンチに座り、景色を眺めながらしばらく休憩。なお、公園内にはこういうグループがいた。

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台

 音楽を鳴らして楽しそうに合唱していたが、どういうグループかは分からなかった。まあ、怪しげな感じはしなかったが。



 公園を出て、再びグロリア線の乗り場へ。今度は下り坂なので、ケーブルカーには乗らず歩いて下りることにした。

グロリア線

 途中、ケーブルカーがやってきたので動画を撮ってみた。ケーブルカーのレトロな感じと、車体の落書きのひどさが分かると思う。


 5分ほどで、ロシオ広場近くの乗り場に戻ってきた。ケーブルカーには、観光客が大勢乗り込もうとしている。何度も言うが、大事な観光資源なので、落書きにはしっかりと対処してほしい。

グロリア線

 ロシオ広場をしばらく散策した後、近くにあるレスタウラドーレス駅から地下鉄に乗り、バイシャ・シアード駅へ移動。近くにあるアルマゼンス・ド・シアードというショッピングセンターに入り、最上階のフードコートで夕食にした。ロシオ広場の周辺にも多くのレストランがあるが、ここは観光客向けなのでかなり高そうな気がしたため、フードコートがあるショッピングセンターへ来てみた。別に料理は悪くはなかったのだが、やはりなんだか味気ない。このため、翌日はロシオ広場のレストランに入ってみることにした。
 下の写真は、シアード地区の夜景。

シアード地区

 バイシャ・シアード駅から地下鉄でアンジョス駅へ移動し、夜9時半にホテルに戻った。翌日は、リスボン近郊のシントラへ行くことにしている。