アルトゥン・ハ

アルトゥン・ハ遺跡
 ベリーズ滞在最終日。この日の夕方の飛行機でダラスへ出発することになる。それまで、午前中にアルトゥン・ハ遺跡を見て、午後はセスナ機のフライトで上空からブルーホールを見ることにしている。



 朝7時に起床。ホテルをチェックアウトし、8時にドライバーが迎えに来たので、アルトゥン・ハへ向かって出発した。ドライバーは30〜40代くらいの男性で、後部座席には彼の息子(小学生くらい)が乗っていた。英語の聞き取りは苦手なほうなので、移動中にドライバーが話しかける相手が私なのか息子なのかよく分からず、混乱することが何度もあった。
 途中までは整備された幹線道路を走っていたが、途中から旧道に入り、両側にジャングルが迫ってくるようになった。すれ違う車も少なく、今はあまり整備されていないようである。

旧道

 約1時間で、アルトゥン・ハ遺跡に到着した。遺跡の入場料は送迎料金に含まれているので、ドライバーからチケットをもらい、中に入る。最初に見えるのは Water of the Rock という表示。自然の起伏のようにも見えるが、これも遺跡らしい。

アルトゥン・ハ遺跡

 少し歩くと、神殿が見えてきた。遺跡内はかなりよく整備されていて、芝生の広場を神殿が囲むような構造になっている。

アルトゥン・ハ遺跡アルトゥン・ハ遺跡

 アルトゥン・ハが栄えたのは AD250〜900年頃。メキシコのテオティワカン遺跡との類似性が見られることから、当時この地域で広範囲に交流があったことがわかっている。また、ベリーズを代表する遺跡として、国産のベリキンビールのラベルにも描かれている。

 とりあえず神殿に登ってみた。

アルトゥン・ハ遺跡アルトゥン・ハ遺跡

 神殿の上からは、地平線までジャングルが続いているのを眺めることもできる。かなり雄大な眺め。

アルトゥン・ハ遺跡

 神殿の上に、こういう石舞台のようなものが作られている。実は、これはかつて太陽神に生贄を捧げた場所だそうである。それを考えると、近くで見るのが少し怖い気がする。

アルトゥン・ハ遺跡

 それから、こういう高い場所へ来ると下を見下ろした写真を撮りたくなる。当サイトではおなじみの、自分の足先が写るように撮った写真。

アルトゥン・ハ遺跡

 神殿を下り、さらに散策してみた。途中、遺跡の敷地から道が延びていたので、少し歩いてみることにした。ジャングルの中なので、道は薄暗い。

アルトゥン・ハ遺跡

 道は先まで続いているようだが、地面がぬかるんできたので、少し歩いたところで引き返すことにした。この道がどこまで続いているのかはわからない。

アルトゥン・ハ遺跡アルトゥン・ハ遺跡

 遺跡内に戻り、さらに散策。かなりきれいに整備されているので歩きやすい。グアテマラで見たティカルと比べると規模は小さいが、神殿などは見事なものだと思う。

アルトゥン・ハ遺跡

 遺跡の端にこういう丘があったので、登ってみることにした。

アルトゥン・ハ遺跡

 丘の上からの眺め。ここからは遺跡内が一望できる。先ほど登った神殿をアップで撮ってみた。

アルトゥン・ハ遺跡アルトゥン・ハ遺跡

 一通り歩いた後、遺跡内にあった樹木の下で休憩。木陰に椅子が置かれていて、座っているとかなり涼しい。植物には詳しくないので木の名前はわからないが、枝が水平に広がっているので、休憩するには最適だと思う。

アルトゥン・ハ遺跡アルトゥン・ハ遺跡

 この後も、ときどき休憩しながら遺跡内を散策した。ティカルを見た後だけに、規模はそれほど大きいとは感じられなかったが、しかし非常にきれいな遺跡だった。ベリーズシティから日帰りで行ける距離には、このアルトゥン・ハ遺跡のほかに「ラマナイ」という遺跡もあるので、次回の旅行の際は訪れてみたい。
 午前10時、アルトゥン・ハ遺跡を後にして、最後の目的地の国内線空港へ出発した。