ハノイ (3)

ホアンキエム湖の夜景
 夕方5時、いったんホテルに戻って休憩し、6時に再び外出して夜のハノイ市街を歩いてみた。連休中ということもあり、ホアンキエム湖周辺は地元の人たちで大混雑していて、普段はなかなか見られないような風景を見ることができた。



 最初に行ってみたのは、ホアロー収容所という建物。かつてフランスが建設した監獄で、ベトナム戦争のときはアメリカ兵の捕虜が大勢収容されていたそうである。その捕虜の間で「ハノイ・ヒルトン」という隠語で呼ばれていたそうで、今でもこうして建物の一部が保存されている。

ホアロー収容所

 時間が遅かったので、中に入ることはできなかった。なお、2008年アメリカ大統領選挙の共和党候補だったジョン・マケイン氏も、ベトナム戦争にパイロットとして従軍し、捕虜になってホアロー収容所に5年間も収容されていたそうである。

 この後、道路沿いに並んでいる屋台で夕食にした。あんかけ焼きそば、チャーハン、ミネラルウォーターで57,000ドン。味はまずまず。

夕食

 ホアンキエム湖の北側にあるハノイ旧市街は、大勢の人たちでごった返していた。特に、旧市街メインストリートのハンガン通りは車両の乗り入れが禁止され、道の中央に露店が並んで人とすれ違うのも大変なほど。

夜のハンガン通り

 両側の店や露店を眺めながら歩くと面白い。こちらは調理器具の実演販売中の様子で、いかに野菜の下ごしらえが手際よくできるかを軽快に説明している。言葉は分からないものの、見ているだけで楽しめた。

実演販売中

 ハンガン通りを歩いていくとドンスアン市場という建物があり、ライトアップされてかなりきれいだった。この写真からも、かなり人が多いのが分かると思う。

ドンスアン市場前ドンスアン市場前

 並んでいた露店の商品の一例。まあ、こういうものは定番といえる。

露店の商品

 露店でフルーツやジュースなどを買いながら、周辺を散策してみた。どの路地もとにかく人が多く、狭い道などはすれ違うのも苦労するほどだが、周囲を眺めながら歩くと本当に面白い。

 ホアンキエム湖畔にはステージが作られていて、イベントが行われていた。後ろのスクリーンに1975という文字があるので、ベトナム戦争終結35周年という意味の言葉が書かれていると思う。

フェスティバル

 観客が多いため、ステージ前の道路は大量のバイクで大渋滞になっている。

フェスティバルフェスティバル

 バイクの洪水を動画で撮ってみた。ベトナムらしい光景といえると思う。


 ステージで行われていたショーのひとつ。このような曲芸の他にも、マジックやコメディなど様々な内容があり、言葉はわからないが見ていると面白い。

フェスティバル

 ショーの様子も、動画で撮ってみた。


 たまたま旅行した期間がベトナムの連休中だったため、普段は見られないような喧騒に満ちた風景を見ることができ、幸運だった。この後も、旧市街周辺を遅くまで散策し、夜10時にホテルに戻った。