旅行の動機

 今年(2009年)は、シルバーウィークということで9月に5連休がある。せっかくなのでどこかへ行こうと思い、台湾や東南アジア諸国を検討した結果、まだ入国したことのないインドネシアへ行くことにした。インドネシアといえばたいていの人はバリ島へ行くことを考えると思うが、遺跡が好きな人間として、やはりボロブドゥールを見たかったこともあり、ジャワ島のジョグジャカルタを中心に滞在することにした。
 ジョグジャカルタ近郊には、ボロブドゥールの他にプランバナンという遺跡もあるが、こちらは2006年のジャワ島中部地震の影響で閉鎖されているということだった。残念だが、修復が完了して再び公開されたら、また訪れることにしたい。



旅行前の準備

 福岡からインドネシアへは、バリ島のデンパサールへは直行便があるが、ジャカルタへの便はない。どこかで乗り継ぐ必要があり、値段とスケジュールを考慮した結果、大韓航空ソウル経由にした。これなら行き帰りとも乗り継ぎ地で1泊する必要がなく、スムーズに乗り継げる。
 しかしながら、行動が少し出遅れたこともあり、5連休に合わせて旅行しようとすると航空券が取れそうにない感じだった。そこで、旅行を1日ずらし、連休2日目に出発、連休明けの平日に帰国としたところ、今度はあっさりと押さえることができた。値段は、すべての諸経費を含んで84,405円。

 宿泊先は、初日のジャカルタのみ、深夜到着になるのでインターネットの予約サイトでホテルを予約しておいた。ジャカルタ市街の中でも空港に近いところにある「バタビア」という4つ星のホテルで、宿泊料金は4,400円。ジャカルタには安宿も多いので、1泊4,400円というのは少し贅沢だが、写真を見たところかなり重厚な感じのホテルだったので泊まってみることにした。
 遺跡観光の拠点になるジョグジャカルタについては、安宿も多いようなので宿泊先は現地で探すことにした。

 ジャカルタ〜ジョグジャカルタ間の移動は、片道くらいは鉄道を使いたかったのだが、やはり5日間では時間が足りないので飛行機を使うことにした。味気ない気もするが、仕方がない。
 当初はインドネシアの格安航空会社、ライオンエアーを予約するつもりだったのだが、サイトで予約まではできるものの、クレジットカードでの決済が何度やってもうまくいかない。仕方がないので、インドネシアへの航空券を依頼した旅行会社に、ガルーダ航空のジャカルタ〜ジョグジャカルタ往復を合わせて頼むことにした。料金は26,810円。
 (後で調べてみたところ、ライオンエアーのサイトではインドネシアで発行されたクレジットカードしか使えないらしいことがわかった。これからインドネシア旅行を考えている人は注意してほしい)




TRAVEL MAP


旅行記

ジョグジャカルタ
ボロブドゥール
ジャカルタ