体験ダイビング(イパオビーチ)

ホテルからのタモンビーチの眺め
 前年のグアム旅行のときと同様、午後3時45分の便で福岡から関西空港へ移動し、夜9時40分に関西を出発してグアムへ向かう。仕事を終えてから旅行に出かける人のことを考えてこの時間に設定されているのかどうかは知らないが、しかし到着が深夜2時というのはちょっときつい。
 グアムに入国し、ホテルの送迎車で午前3時ごろにオハナ・オーシャンビューホテルに到着した。



 翌日は、疲れていたので午前11時頃まで寝ていた。今回泊まったオハナ・オーシャンビューホテルは、ちょっと高台にあるため、名前の通りビーチの眺めはかなりきれい。部屋も快適で、さすがグアムのリゾートホテルだと思う。

ホテルホテルの部屋

 12時50分にデジャヴのスタッフがホテルのロビーに迎えに来るということだったので、水着にTシャツという格好で待っていると、長身の白人男性がやってきた。サイトのスタッフ紹介のページに載っているインストラクターのジェフさんで、ある程度の日本語を話すことができる。一緒に車に乗ってデジャヴの店舗へ向かった。
 店は、タモンビーチとイパオビーチのちょうど境くらいにあった。ここで申込書に記入し、料金の45ドルを支払う。店には、ジェフさんの他に日本人女性が一人いて、この女性から器具の使い方について簡単な説明を受けた。この日の客は私一人ということで、マンツーマンの体験ダイビングになった。
 再びジェフさんと一緒に車に乗って、イパオビーチへ向かう。体験ダイビングにはボートダイビングとビーチダイビングがあり、ボートダイビングはボートで沖まで行って行うダイビング、ビーチダイビングはビーチから歩いて海の中に入っていくダイビングである。今回体験するのは、最も初心者向けのビーチダイビングになる。

 まずは車から機材を降ろし、各装置の説明を受けてからウェットスーツを着用する。慣れていないのでこれだけでもちょっと時間がかかり、それから予想通りかなり重いボンベを背負って、ビーチへ移動した。
 最初に浅いところで呼吸法などの説明を受け、いよいよ海に入っていくことになる。ちなみに、ダイビング中は急いで呼吸するのは不可能で、意識してゆっくりと呼吸しないと空気が出てこないことなどは初めて知った。
 少し深いところへ進んでいくと、サンゴが現れる。

サンゴ

 まだ水深は3メートルほどだというのに、驚くほどたくさんの魚が泳いでいる。なお、これらの写真はダイビングに備えて日本から持ってきていた防水の使い捨てカメラで撮ったもの。
 ジェフさんが魚のえさとして持ってきていたソーセージを細かく砕いて水中に撒くと、前が見えないくらいに大量の魚が寄ってくる。

ダイビングダイビング

 本当にすごい勢いで魚が集まってくるので、かなりの迫力を感じる。こういう光景は予想していなかった。
 以下、ダイビング中の写真を並べておく。

ダイビングダイビング
ダイビングダイビング
ダイビングダイビング

 海底にあったナマコ。白い糸のようなものは腸で、かなりべたべたする。ジェフさんの話によると、このナマコは危険を感じたときに相手に不快感を与えるため腸を放出するそうである。

ナマコ

 ジェフさんに撮ってもらったダイビング風景。初心者なので、体が海面近くに浮き上がったときはなかなか沈められなくて四苦八苦し、何度も腕をつかんで引き下ろしてもらった。しかし、宙を漂っている感じがなんとも楽しい。

ダイビング風景ダイビング風景

 潜っていた時間は40分ほどだったが、あっという間だった。水の透明度はかなりのものだし、水中の眺めは本当にきれい。
 今回はわりと浅いところでのビーチダイビングということもあり、本格的なスキューバダイビングと比べると迫力に欠けるかもしれないが、初めてダイビングをやってみた者としては十分楽しかった。これはもう、ライセンスを取得して世界各地の海に潜るしかないという気持ちにもなる。

 名残惜しかったが、これで初めてのダイビングを終え、ビーチから車に移動した。着たときと同様に苦労してウェットスーツを脱ぎ、デジャヴに戻った。ここで、待っていた日本人女性とボートダイビングの詳細やライセンス取得について等の話をし、再びジェフさんの運転する車でホテルへ送ってもらった。ホテルのロビーで、「本当に楽しかった」「また近いうちに来ます」と話してから、"See You !" と言ってジェフさんと別れた。

 それにしても、スキューバダイビングは本当に面白く、これから趣味として本格的に始めてみたいという気持ちが強くなってしまった。金のかかる趣味とは思うが、とりあえず近場の沖縄かグアムあたりでライセンスを取得し、南太平洋やカリブ海に潜ってみたいものだ。



 しばらく部屋で休憩した後、ホテル内を散策してみた。中庭には噴水もあり、なかなかいい雰囲気。

ホテルの中庭ホテルからの眺め

 夕方、外出していったんDFSギャラリアへ行き、そこから市街地を循環するショッピングバスに乗ってマイクロネシアモールへ向かった。前年にグアムを訪れた際にかなり気に入った場所で、内部はクリスマス風に飾り付けられていた。

マイクロネシアモール

 ここの一番の目当てはフードコート。かなり規模が大きい上に値段も手頃で、グアムでの食事はここで十分という感じがする。
 夕食後、モール内のABCストアで土産物をいくつか買い、ショッピングバスでホテルへ戻った。そして、部屋でゆっくりとテレビを見ていると、なんとも驚くような出来事があった。

 グアムは観光客の多くが日本人という島なので、ここでは当然ながらNHKの衛星放送も見られるわけだが、見ると何やら事件の映像を映している。何が起きたのかと思って注意して聞いてみると、「佐世保市のスポーツクラブ、ルネサンスで男が銃を乱射し、逃走中」と言っていた。

 え? ルネサンス?

 ルネサンスといえば、私の勤務先の隣りにあるスポーツクラブである。あんなところで事件が起きるというのも信じられないが、ヘリコプターからの現場付近の空撮映像がテレビ画面に映るのを見て、唖然とした。

 会社が映っている!

 なんと、会社の隣りで銃の乱射事件が起きていた。この時点で犯人はまだ逃走中ということなので、社員は外に出られなくて会社内に閉じ込められているのではないかという気がした。こちらがグアムで優雅なバカンスを味わっているときに、日本ではこんなことになっていたとは。
 しかしまあ、遠く離れたグアムで事件のことを心配しても仕方がないので、帰国してからゆっくり話を聞くことにして、この日は就寝。