麻豆代天府(奇祭)

奇祭
 十八地獄や天堂を見ているときから、本堂のほうで太鼓や銅鑼が大音響で鳴っているのが気になっていた。そこで、土産物コーナー(本堂横の5階建ての建物の1階にあり、土産物店のほか、ベンチがあって休めるようになっている)へ行き、様子を見てみることにした。
 このとき見た祭りについては、帰国後にインターネットでいろいろと調べてみたのだが、どうも詳しいことがわからない。日本人らしき観光客がまったくいなかったことと、この祭りについて記述している日本語のサイトがほとんど見つからなかったことから、日本人にはほとんど知られていない祭りなのかもしれない。(もっとも、麻豆代天府自体、日本で発売されているどのガイドブックにも記載されていないので、日本人にはほとんど知られていないと思う)
 いずれにしても、偶然この日に麻豆代天府を訪れたのは相当な幸運だった。



 まず、大型バスが3〜4台、門から入ってきて、境内に並んで駐車する。ただし、祭りの参加者はすでに門の外で降りて準備しているため、バスには運転手しか乗っていない。バスの駐車が終わると、十数人の楽隊が入ってきて太鼓や銅鑼を大音響で鳴らし始める。続いて門から本堂まで大量の爆竹が敷かれ、祭列が入ってくる前に点火される。このときはすごい爆音が響き、煙で周囲がよく見えなくなる。

奇祭

 それから、2メートル以上ある大きな被り物(左下の写真)をした男性数人が門から入場してくる。この被り物がなかなかよくできていて、歩くときに大きく腕を振るような仕掛けになっているため、かなり迫力がある。(腹の部分に穴が開いていて、中に入っている人はそこから外を見ている)
 その後、様々に仮装した人たち(こちらは主に若い男女)や、大きな大八車(これは日本の神輿に相当するものと思われる)を引いた人たちが入ってくる。

奇祭奇祭

 そして、この祭列の主役と思われる、大きな刀を持った上半身裸の男性3人が登場する。この人たちの動作を見ているうちに、あまりのことに唖然としてしまった。
 門から本堂までゆっくりと歩いてくる途中、ところどころでポーズを取りながら自分の背中を刀(それも刃の部分)で叩いているのである。最初は作り物の刀だろうと思って見ていたが、しばらくしてそうではないことに気づいた。

 次第に背中が赤くなっている!

 この刀は本物だった。背中に何本も刀の傷が入り、血が流れ出しているのである。

 はっきりとはわからないが、どうやらこの3人は「シャーマン」らしい。そうだとすれば、この3人の自傷行為や、大音響の銅鑼と太鼓にも納得がいく。しかし台湾にシャーマニズム信仰が強く残っているとは知らなかった。(シャーマンの意味がわからない人は、「呪術師」「シャーマニズム」などで検索してみてください)

 下の写真は、背中を叩こうとしているシャーマンを写したもの。ちょっと遠くから遠慮がちに撮ったため、背中のアップ写真は撮れなかった。(周囲に写真を撮っている人がまったく見つからず、最初は写真撮影禁止なのかと思って自制していたが、よく探したら数人だけ写真を撮っている人がいた。なので写真を撮るのは問題なさそうだったが、しかしさすがにアップで撮るのは気が引けた)

シャーマン

 本堂の前まで来ると(この時点ですでに背中は血まみれ)、祭列のリーダーのような感じの男性がシャーマンから刀を受け取り、かわりに「まさかり」のような形をした大きな刀を渡す。シャーマンはこれで再び背中を叩き、リーダーに返すと、今度はなんと「モーニングスター」(鉄棒の先に、たくさんの棘がついた鉄球を鎖で繋いだ武器)のようなものが渡される。これで再び背中を何度も傷つけると、ようやく自傷行為は終わったらしく、祭列がいっせいに歓声を上げながら本堂になだれ込んでいく(シャーマンの背中はすごいことになっている)。祭列が本堂内に入っていくと、ここで楽隊が演奏をやめ、辺りは急に静かになる。しばらくして、参拝を終えたらしい一行が本堂から出てきて、バスに乗り込んで帰っていく。これで、この団体については祭りが終了する。

 以上が祭りの進行形式なのだが、この祭りを行う祭列は一団体だけではない。次から次へと大型バスでやってきて、同様の祭りを行うのである。それぞれ「台南縣」「台北縣」などと書かれた揃いのシャツを着ているので、どうやら台湾全土から集まってきているらしい。何度も血まみれのシャーマンを見ているうちに、どうにも帰れなくなって結局夕方まで麻豆代天府に釘付けになってしまった。

 これら数多く集まってくる団体のシャーマンのほとんどが「背中」なのだが、最後から2番目に見た団体だけ、様子が違っていた。それまでのシャーマンは主に中年の男性だったのに対し、こちらは若い男性3人。そして、背中ではなく刀で舌を切ったり棘のついた棍棒で頭を叩いたりしている! 当然ながら顔や上半身にはかなり血が流れている。
 下の写真は、可能な限り近づいて撮ったもの。よくわからないかもしれないが、写真中央のシャーマンはかなり頭から血を流している。右端のシャーマンは、意識が朦朧としているらしく、倒れそうになっている。

シャーマン

 この祭列が本堂内へ入っていった後、本堂前へ行ってみると血が点々と落ちていた。シャーマンは自傷行為中は「痛みを感じない」ということになっていると思われるが、実際はどうなのだろう。

 この後、もう1団体だけ祭列を見てみたが、こちらはそれまでどおり「背中」だったので、ここで麻豆代天府を後にして台南へ戻ることにした。
 しかしすごい祭りだったが、この祭りは台湾以外ではほとんど知られていないのでないかと思う(外国人らしき見物客がまったくいなかった)。偶然この祭りを見ることができ、本当に幸運だった。できれば、来年また来てみたい。



 夕方5時ごろ、麻豆代天府を後にして麻豆のバスセンターへ。1時間ほどで台南駅前に到着し、しばらく駅周辺を散策した。散策の途中、駅前に並んでいる食堂で食事をし、ホテルへ戻った。

 ところで、台南駅前のスーパーマーケットで買い物をしていたとき、ちょっと面白い物を見つけたので土産として購入してみた。日本でもよく見かけるようなクラッカーで、箱は下の通り。「Grape Flavor」「葡萄味」「トマトフレーパー」と書かれている。

トマトフレーパー

 外国ではときどき変な日本語を見かけることがあるが、それにしてもこれは面白い。これを見た日本人全員が「トマトじゃないだろ!」と突っ込んでいる光景が目に浮かぶようだ。「レヤークラッー」というのもシュールな感じ。帰国後に友人に渡したところ、かなりウケていました。