イスタンブール−U

表敬の門
 この日の目的地は、トプカプ宮殿のみ。夕方、フェリーでアジアサイドのハイダルパシャ駅へ行き、パムッカレエクスプレスに乗ることにしていた。
 トプカプ宮殿は、ボスポラス海峡を見渡す丘の上にある。オスマントルコ帝国のスルタン皇帝の居城で、ガイドブックによれば1465〜1478年に建造され、約370年の間、帝国の中心だった場所だそうである。総面積は約70万平方キロ。
 おそらく見て回るのに1日かかるだろうと思い、トプカプ宮殿に夕方までいることにしたのだが、これは正解だった。



トプカプ宮殿

 朝9時半ごろ、ユスフパシャ駅からトラムに乗り、ギュルハネ駅で下車。坂道をしばらく上っていくと、トプカプ宮殿の正門(表敬の門と言うらしい)の前に着く。まだ早い時間ということもあり、チケット売り場はそれほど混んではいなかった。ここでチケットを購入し、宮殿内へ。なお、宮殿内への入場料は1500万リラだが、その他に宝物館の料金が1500万リラ、ハレムの入場料が1500万リラ必要になる。
 下の写真は、表敬の門の中にある第2内庭。

宮殿内

 まずはハレムへ。ここは、約30分おきに50人ほどのグループに分かれて行われるガイドツアーに参加しないと、内部を見ることはできない。混んでくるとかなり待たされるらしいので、最初に見ることにしていた。
 約20分待った後、扉が開き、ハレムの内部へ。英語を話すガイドからハレムの概要について説明があり、それからガイドについてハレム内を見学。
 ここは、かつて常時500〜1000人の女性が生活し、出入りできたのはスルタン皇帝の他は宦官だけという、男子禁制の場所だったところである。予想よりも広くはなく、意外とこじんまりとしていたが、内装はなかなか豪華なものだった。
 下の写真は、ハレム内でも一番豪華なスルタン皇帝の大広間。緊急時に避難できるように、鏡が隠し扉になっている。

スルタンの大広間大広間の天井

 おそらく、スルタン皇帝か、またはその母親か、もしくは正妻の寝室。ハレムにいる女性の中で、最も権力を持っていたのはスルタンの母親だったという。

寝室

 ハレム内のトイレ。ガイドの説明がよく聞き取れなかったので、皇帝が使用していたものかどうかはわからない。トイレの他、広い浴室もあった。

トイレ

 出口付近では、足場を組んで若い女性が壁の修復を行っていた。右側で見上げているのが、ガイドの女性。

修復作業風景

 約20分で見学を終え、外に出た。それにしても、それほど広いわけではないスペースに常時500人以上の女性が生活していたというのが驚き。しかしまあ、「こんな豪華なものばかり作るから国が滅びるんだよ」という気もしなくはない。

 宮殿の奥にある第4内庭には、東屋風の建物や花壇が点在していて、ここからはボスポラス海峡や反対の陸側が一望できる。

第4内庭の風景花壇

 ボスポラス海峡が見渡せる場所にはセルフサービスのカフェがあり、ここでボスポラス海峡を眺めながら昼食。ほとんど外国人専用ということもあって値段はかなり高いが、景色がいいから許せる。ヨーグルトを水で薄めた「アイラン」という飲み物を初めて飲んでみたが、油の多い料理にはぴったりだった。
 海峡と宮殿の間には国鉄の線路があり、ときどき列車が通る。客車列車ではなくディーゼル列車だというのに、なぜがドアがどれも全開になっているのが不思議。人が落ちたりしないのだろうか。

宮殿内のカフェボスポラス海峡とトルコ国鉄

 昼食後、宝物庫へ。宝物館では、かの有名な「トプカプの短剣」を見ることができる。柄の部分に3つの大きなエメラルドが埋め込まれているというものだが、他にも1000個以上の宝石と真珠が埋め込まれた玉座や、86カラット!というダイヤモンドなど、数え切れないくらいの財宝が展示されている。見ているうちに溜め息をつきたくなるくらいで、これでは普通の指輪など買う気が失せてしまう。なお、宝物館内は写真撮影禁止なので、これらの宝物の写真はない。
 この宮殿にこれだけの財宝がそのまま残されているのは、オスマントルコ時代以来、イスタンブールが一度も他国の侵略を受けたことがないからだそうで、どのくらいの点数があるのか未だにわからないそうである。たしか、オーパーツとして有名な「ピリ・レイスの地図」も、ここで発見されたものである(南極大陸が描かれているという説は、どうやら怪しいらしいが)。
 宝物館の他にも、歴代スルタン皇帝の肖像画が展示された肖像画展示室や、銀製品や陶磁器の展示室などがいくつも並んでいる。陶磁器展示室には、日本の有田焼なども展示されていた。
 その後、ボスポラス海峡を眺めたり、内庭を散策したりしながら夕方まで過ごし、宮殿を後にした。じっくり見ていると丸一日かかるので、イスタンブールを訪れる際にはトプカプ宮殿のために1日空けておくべきだろう。



 午後4時前、トプカプ宮殿を出てガラタ橋の近くにあるフェリー乗り場へ。ここでハレム行きのフェリーに乗って対岸のアジアサイドへ向かう。通勤、通学客が大勢乗っていて、船内は満員。料金は、たしか55万リラだったと思う。トプカプ宮殿を海上から眺めながら、4時40分ごろハレムに到着。
 ハレム港からハイダルパシャ駅まで、地図上では 2km ほど。駅方面へ歩き出したのだが、なぜか道に迷ってしまった。時間がないので、そこからタクシーでハイダルパシャ駅へ。列車が出る15分前の5時20分に到着。
 駅構内で夜食としてケバブサンドとミネラルウォーターを買い、列車内へ。5時35分、ハイダルパシャ駅を出発し、次の目的地のデニズリへ向かった。