旅行の動機

 今年も7月頃に1週間ほど海外へ行こうと思い、旅行先をキプロスに決めていたのだが、よく考えてみたら7月のキプロスはかなり暑そうである。というわけで、気候を考えて10月頃に延期したのだが、やはりこの時期に一度は海外へ行かないと落ち着かない。そこで、距離が近い東南アジアに4日間ほど行くことにした。(注:このキプロス旅行は、後に諸事情により延期した)
 行き先は、タイ、ラオスなどを考えたが、サブカルチャー系の本で紹介されていた「死体博物館」を見てみたかったので、バンコクに決めた。ラオスはいずれ別の機会に行くことにしたい。



旅行前の準備

 わずか4日間の旅行なので、特にたいした準備はせず、死体博物館の場所を調べた他は、ガイドブックをぱらぱらと読んだ程度。ガイドブックについては、定番の「地球の歩き方」ではなく、ブルーガイド「わがまま歩き・タイ」を購入した。
 最初は、7月20〜23日の4日間を考えていたのだが、23日の日曜日にどうしてもはずせない用事ができてしまったので、1日ずらして19〜22日にした。4日間でタイのあちこちを見て回るのはいくらなんでも時間が足りないので、バンコクと近郊のロッブリーのみに滞在することにした。(これでも、ちょっと慌しい旅行となった)
 福岡からバンコクへはタイ航空の直行便があるが、時間的に不都合だったので、中華航空の台北経由にした。価格は往復で6万2800円。青森へ行くより安い(しかも食事4回付き)。
 現金は、米ドルのほうがレートはいいかもしれないが、両替するのが面倒だったので全部日本円で持っていった。




旅行記

TRAVEL MAP


7月19日(水) (福岡〜台北〜バンコク)
7月20日(木) (バンコク〜ロッブリー)
7月21日(金) (ロッブリー〜バンコク)
7月22日(土) (バンコク〜台北〜福岡)